誰か10万円貸してください!どうしても10万円必要なんです

投稿日:

誰か10万円貸してください

どうしても10万円必要、誰か10万円貸してください…そんな風に思うこともあるかもしれません。

10万円という金額はじつに微妙なところで、ローンなどを利用して借りるには少ない気がして、でも誰かに貸してくださいというのはちょっと大きな金額です。

それでもとにかく10万円が必要なら、何とかして10万円を調達する方法を考えるしかありません。

誰かに10万円を貸してもらうのもなかなか難しい

貸してくれるか、借りられるかで言えば、誰かしら10万円を貸してくれる人はいるかもしれません。

ただ、10万円を借りることで失うものが大きすぎます。

恐らく10万円を借りることで人間としての信用も多少は失うことになるでしょうし、人間関係も失う可能性があります。

それらを失う対価としては、10万円は安すぎます。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

誰かに貸してくださいというのは正解なのか

誰かにお金を貸してくださいと頼むのも、正直なところはせいぜい数万円までです。

「給料日までの飯代がないから数千円貸してくれ!」

「ちょい使いすぎちゃったから今月1万円だけ貸してくれない?」

こんなやり取りは人によっては、特に若い方ではよくあることと思います。

しかし、これが10万円となると話が変わります。

10万円を誰かに貸すというのも貸す側もなかなか大変で、貸した後の関係がギクシャクするのも目に見えています。

そういったことを踏まえると、10万円を誰かに貸してくださいと頼むのは、あまり正解とは言えないのかもしれません。

積極的に推奨はできないもののカードローンという選択肢

「人に借りるよりもカードローンで借りましょう!」

こんな言葉はよく見かけます。

たしかにそれも一つの方法ですが、色々と問題があります。

カードローンでお金を借りると、

  • 申し込み手続きが必要
  • 信用情報機関に履歴が残る
  • 返済時に利息の支払いがある
  • 誰かにバレる可能性がある

などなど、カードローンだから無敵、完璧ということはありません。

また、カードローンは誰でも借りられるものでもないので、無職であったり収入が不安定だったり、既に他社で多く借りていて総量規制に引っかかっていたりすると、審査に通らずにお金が借りられないこともあります。

人にお金を貸してくださいと頼むよりもカードローンを使ったほうが良い場合もありますが、その前に自身で何とかできないかは必ず考えるようにしたいものです。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

カードローンで借りるなら人には迷惑はかけない

誰かにお金を貸してくださいと頼むと、頼まれた側としてはハッキリ言って迷惑です。

貸すのもリスクがありますし、断るとしてもそれも何だか嫌な気持ちになり、どっちにしても迷惑がかかります。

その点、カードローンで10万円を借りるなら誰にも迷惑はかけません。

カードローンは担保も保証人も不要で借りられるので、誰かに頭を下げることもなく、自身の信用で契約ができます。

この点においては、誰かにお金を貸してくださいと頼むよりも、カードローンは大きく優れていると言えます。

カードローンで10万円を借りるとした場合

10万円はカードローンで借りる

カードローンを利用したことがない方からすると、10万円だけでも借りられるのか、10万円を借りるとどうなるのかは特に気になるところです。

結論から書けば、カードローンは10万円どころか1万円でも、あるいは千円単位でも借りられます。

審査によって決められる限度額の範囲内なら、10万円でも1万円でもそれ以下の金額でも自由に借りられるようになっているのです。

アコムで3万円とか5万円だけ借りたい方へ、アコムは数万円だけでも借りられます

アコムでお金を借りたいけど必要なのは数万円だけ、こんな方も少なくありません。 みんながみんな10万円を超えるような金額が必要なわけではなく、中には1万円や2万円でいいから今日中に借りたいといった方もい ...

続きを見る

10万円を借りると返済はいくらになるのか

カードローンの返済は毎月の返済日に入金をする形になります。

返済日は借り入れ先によって異なったり、契約の際に任意の日にちで決められたりと様々ですが、いずれにしても返済は月一回です。

一回あたりの返済金額も借り入れ先によって異なりますが、10万円の借り入れとなると大体が4,000円や5,000円です。

消費者金融のカードローンで見てみると、10万円を借りた際の毎月の返済金額は以下のようになっています。

借り入れ先 返済金額
プロミス 4,000円
アコム 4,000円
SMBCモビット 4,000円
アイフル 5,000円

アイフルだけが5,000円ですが、これは基本となる「サイクル制」での返済の場合です。

「約定日制」での返済で契約を行うと、毎月の返済金額は4,000円で他社と同じ水準になります。

10万円を借りたときにかかる利息はいくらか

カードローンでお金を借りるときに気になるのが、借りた後にどれだけの利息がかかるかです。

利息の計算自体は「借り入れ金額×金利÷365×借り入れ日数」で算出できますが、仮にアコムやSMBCモビットの実質年率の上限である18.0%で30日間借りたとした場合には、

10万円×18.0%÷365×30日間

で、1,479円が利息になります。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

ここで発生した利息は毎月の返済金額に上乗せをして支払うわけではなく、毎月の返済金額から発生した利息を差し引いた分が、借り入れ残高への返済に充てられるということになります。

つまり、毎月の返済が4,000円で利息が1,479円かかっていれば、「4,000円 - 1,479円」2,521円が元金分への返済になります。

毎月1,479円の利息がかかるわけではない

ちなみに、10万円を借りた後は毎月1,479円の利息が発生するわけではありません。

利息は借り入れ残高に対してかかるので、返済続けて借り入れ残高が8万円になれば、実質年率18.0%で30日間借りても利息は1,183円です。

さらに返済を続けて借り入れ残高が3万円まで減れば、同条件で発生する利息は443円です。

カードローンは借りた後の一回目の利息が最も高く付いてしまいますが、返済を進めれば利息が減り、さらに返済が進めやすくなるという特徴があります。

返した分をまた借りてということを繰り返さなければ、ですが。

アコム 返して すぐ借りる
アコムは返してすぐ借りることができるけど借金返済が終わらなくなるかも

アコムは限度額内であれば繰り返し何度でも借りられるようになっています。 限度額を超えない範囲なら返して借りてを繰り返せるので、返済がギリギリで「これ返すと手持ちのお金がなくなる」といった場合でも、すぐ ...

続きを見る

最終的にはどの程度の利息を払うことになるか

10万円を借りた後、毎月にかかる利息だけでなく、最終的にどの程度の利息を支払うことになるのかも気になる点かもしれません。

こればっかりは利用の仕方、返し方によっても変わるので難しい部分がありますが、ざっくりとしたシミュレーション結果は以下のようになります。

いずれの場合においても、借り入れ金額は10万円、実質年率18.0%で返した分の借り入れはしないものとしています。

▼毎月4,000円ずつ返した場合
返済総額:126,620円
利息総額:26,260円

▼毎月5,000円ずつ返した場合
返済総額:119,772円
利息総額:19,772円

▼毎月7,000円ずつ返した場合
返済総額:113,384円
利息総額:13,384円

▼毎月10,000円ずつ返した場合
返済総額:109,158円
利息総額:9,158円

プロミスの公式サイトにある返済シミュレーションを使った試算であり、実際の返済金額とは僅かに誤差が生じる可能性があります。

ただ、そこまで大きくは変わらないので、10万円を借りた場合にかかる利息を知るのは十分です。

プロミス 安全
プロミスは安全?やばいとか悪い噂とかは特にない?

プロミスはアコムと並ぶ消費者金融最大手の一角です。 利用において安全かと言えば当然ながら安全で、金利にしても返済で何かあったときにしても安全です。 業界内でどうなっているかなどは知ることではないですが ...

続きを見る

途中で借りるとこの通りにはならない

カードローンは便利なような怖いような、限度額の範囲内なら何度でも繰り返し借りられるようになっています。

限度額が10万円で契約をして10万円を借りても、返済を進めて借り入れ残高が8万円になれば、返した2万円は再申し込み不要でまた借りられます。

これがカードローンで気を付けるべきところなのです。

借りられると分かると借りてしまう場合があり、ここで2万円を借りるとまた10万円の借り入れとなり、返済がふりだしに戻ります。

借り入れ残高が10万円になってしまえばせっかく減っていた利息も戻ってしまうので、毎月の返済時にかかる利息も増えていってしまいます。

返しては借りてを繰り返さないならカードローンも便利

10万円を誰かに貸してくださいと頼むよりも、カードローンで借りたほうが手軽なのは間違いはないでしょう。

ただ、だからといってホイホイとカードローンを使うのも危険です。

余計な借り入れを繰り返してしまったり、返しては借りてを繰り返すような使い方をすれば一発で借金まみれです。

そうならないように計画的に利用をしなければならないのがカードローンなので、10万円を借りるにしても、あるいはそれよりも少ない数万円を借りるとしても、しっかりとした計画は持つようにしてください。

考えて使えば即日借りられるカードローンはとにかく便利

しっかりと返済を考えて借りるなら、平日も土日も最短で申し込み当日に借りられる消費者金融のカードローンが便利です。

必要書類も特に多くはなく、他社で借りていない状態で10万円を借りるだけなら、必要書類は本人確認書類でOKとなる場合が多いです。

来店も不要でパソコンやスマホから手続きが完結し、銀行振り込みによる借り入れも利用ができるので、すぐに10万円が必要な方も、返済をしっかりと考えた上でカードローンの利用を検討してみても良いでしょう。

ただし、ご利用は計画的に、です。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-お金

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス